歯の詰め物に水銀
アレルギー改善例
電磁波のアンテナ作用?!
電磁波実験法

顎関節症
寝たきり老人が立つ
スポーツ咬合

患者さんの声
治療の流れ
ドクター紹介
リンク
ご意見・お問合せ
アクセスマップ


<見てびっくり。詰め物による影響の実録ビデオ公開>


●患者にお渡しする詰め金属の詳細カード

医者で、投薬してもらう時には写真入りで薬の説明書がついてくるのに、歯科で口の中に入る詰め物について説明がないのはおかしいのではないでしょうか??
保険で一番頻繁に使用されている金属は、金銀パラジウム合金という金属です。


この金属が保険適用となった背景を述べると・・・
1960年頃、戦後の厳しい経済情勢下のわが国の歯科界では、低廉な「銅亜鉛合金」を代用金属として保険診療にも採用しようとする動きが出てきた。金属の腐食の点から見ると、きわめて過酷な環境の口腔内に使用する金属は、化学的、生物学的に安定した金、ないしは貴金属合金でなければならない。日本補綴歯科医学会は銅亜鉛合金が歯科用として採用されることを阻止する為に、「歯科用金属規格委員会」を設置し、歯科用合金の規格とテスト法ならびに各種合金の評価を行った。こうした学会の活動によって、銅亜鉛合金の歯科臨床への導入は避けることができた。また、同委員会は、歯科用合金としては金合金を使用するのが本筋で、総医療費や日本の経済力から見て代用合金の使用もやむを得ないが、その際でも、金銀パラジウム合金をもって代用合金の許容限界とし、しかもできるだけ早い時期に金合金に移行すべきであることを、委員会報告書で発表した。(「GPのための金属アレルギー臨床」 井上昌幸監修)

と、あります。つまり、健康保険では生体にとってよい金属ではなく、戦後の厳しい状況下でやむおえず決めた金属を今もって使用しているのが現状なのです。 


歯の詰め物に水銀が入ってる!?




【水銀アマルガムとは】
歯の詰め物として使われる水銀アマルガムは、50%の水銀とその素材で構成されています。一般的に安定した合金と言われていて保険適用されていますが、最近の高度測定技術を駆使した研究では、アマルガムの中の水銀がたえず蒸発し、分解され口の中から全身に入ることを示しています。その結果水銀中毒となるのです。このような詰め物を保険で認可している厚生労働省は、当然のように事実として知っています。ではなぜ放置したままなのでしょうか。当医院の院長が保険への適応を提出したとき、その答えが返ってきました。その答えとは暴動が起こるのでここでは公開できません。臭いものには蓋をするのもお役所仕事のようです。国民のことを本当に考えているとは決して言えません。

●上の写真は実際に埋め込まれた水銀アマルガム
アメリカではアマルガムを摘出する時、 防護マスクを使用している写真(中)
当院でもアマルガムを摘出する際は患部以外をすべて覆い隠し、防護めがねや呼吸器などを取り付けて行います。 (下)


「Dentistry Without Mercury 水銀を使用しない歯科」
   (Sam Ziff, Michael F. Ziff D.D.S. 共著 Bio-Probe 出版)より抜粋された資料


【参考図書】口の中に潜む恐怖  ダニー・スタインバーグ 著 マキノ出版
改善率の高さに驚かれるかもしれませんが、水俣病の原因でもあった水銀は、劇薬指定されており、保険で認可されていること自体が本当に驚くべきことなのです。ですから、ただ入っているものをはずせばいいということではありません。
はずすときには、必ず削り取らなくてはなりません。口の中で普通に削り取ることにより、削り取った水銀の破片を飲み込んだり、切削摩擦熱で気化した水銀を吸い込むことにより、取った行為により、水銀中毒による症状の悪化も考えられるのです。また、はずした後あいたところに何を詰めるかも、問題になります。



 

Copyright(C) 2004 Emi Okuda All Rights Reserved