歯の詰め物に水銀
アレルギー改善例
電磁波のアンテナ作用?!
電磁波実験法

顎関節症
寝たきり老人が立つ
スポーツ咬合

患者さんの声
治療の流れ
ドクター紹介
リンク
ご意見・お問合せ
アクセスマップ


樫本 敏孝さん 亀岡市在住 27歳 主訴:慢性疲労症候群

虫歯で体が、こんなにしんどくなっていたとは、思いませんでした。

私は、幼い頃より歯医者に行くのが嫌いで嫌いで仕方ありませんでした。思い出してみれば、小学生の頃に虫歯になり、きっちりと治療をした事がなかったのではないかなあ。歯医者に行くたびに泣いて泣いて泣いて泣きました。
物心ついて、体も大きくなり、小さい頃はよく痛んでいた虫歯もあまりうずかなくなり、ほったらかしになりました。
そうこうするうちに、体のだるさや、重さが現れ、はじめは虫歯のせいかとは思いもせず、学校も休みがちになり、何をするにも根気が出てこない、15歳くらいの頃だと思います。それから、何とか大学も卒業しましたが仕事もなかなかできませんでした。
後々になり知ったのですが、虫歯は電磁波と同じくらい悪い波動がでるそうです。私の口の中を見た恵美先生はびっくりしていました。
あまりにも多くそして大きな私の虫歯に。治療のたびに恵美先生が悲鳴をあげています。

虫歯が全身に及ぼす影響を知り、ぞっとしています。
今では治療をすすめて行き、随分と体も軽く楽になりました。


さびた自転車のさびを落としたように・・新車とまでは言いませんが・・・。
やる気もわいてきます。夏の暑い日もへっちゃらで外で仕事をしています。
ありがたいことです。私が言うのもなんですが、虫歯はほって置かないことです。



森下 純子さん 堺市在住 50歳 主訴:三叉神経痛

2004.6.21(月)は、1年3ヶ月続いた「三叉神経痛」の激痛が、まるでウソのように消えた夢のような日です。新神戸歯科でお世話になって、1年が過ぎていました。

1998年7月、夕食の時に始まった「チクン」とした痛み、てっきり虫歯によるものだと思っていました。近所の歯科で治療を始めました。虫歯の治療は進んでいるのに、痛みはひどくなる一方で処方された痛み止めは、どれも効き目がありません。とうとう「しゃべれない」「食べれない」状態になってしまいました。

11月、「三叉神経痛かもしれない」と、口腔外科のある病院を紹介されました。そこでは、「テグレトール」の服用を勧められました。これは痛みにとても効果があり、服用後20分で、痛みが消えました。それからは、痛みが出るたびに「テグレトール」を服用するようになりました。

私は、この年の3月に、子宮筋腫のため子宮全摘の手術を受けました。これが、腰骨の歪みから背中の歪み、頭蓋骨、顎関節につながったと思います。

簡単な手術で痛みはなくなるよ。
2001年10月からは、大学病院の脳外科に痛みが出た時だけ受診するようになりました。2002年11月、三叉神経と血管がどこであたっているのかMRIを撮りました。右耳後ろ付け根の部分にそうだろうと思える所がありました。「薬を飲み続けるのもいいけど、手術をしたらどうか。500円玉くらいの穴を開けて血管と神経があたっているところに、クッションを入れてあたらないようにする簡単な手術で痛みはなくなるよ。」と、主治医に勧められました。でも、「そんな恐ろしいこと出来ません。薬で十分です。」とその時はお断りしました。

金属を詰めた夜から、三叉神経痛の痛み
2003年3月、虫歯治療をしていて左上の歯に金属(保険治療でいけるもの)を詰めた夜からまた、三叉神経痛の痛みがでました。通っていた歯科医に伝えると、「三叉神経痛の痛みが取れてから、残りの歯を治療します。」と言われ、また、「テグレトール」を飲み始めました。でも今までのように痛み止めが効きません。食べられないし、右頬を動かすと激痛が、右耳付け根に向かって走ります。歩く振動でも、痛みます。「顔を洗う」、「化粧水をつける」のはとっても苦痛でした。病院では、、もちろん、手術を勧められました。インターネットで調べてみると、効果のある人もいるが、効果のない人もいるとのこと。痛み止めの服用も、手術も対症療法でしかありません。


「もうこの痛みから、解放されたい。」「なんとか、根本治療の道はないか」
と思い、鍼灸院は2院、他に整体治療院にも通いましたが、効果はありません。途方にくれているとき、友人が、知り合いの歯科医が藤井先生の講習を受けていて、その話を聞いているときっと三叉神経痛にも効果があるはずと新神戸歯科を紹介してくれました。

2003年6月、新神戸歯科に伺いました。緑がいっぱいあって、明るく清潔感あふれる、診療室、藤井先生はもちろん、奥田先生、歯科衛生士の佐野さん、スタッフの皆さんは、とても暖かい人々で、私の話をゆっくり丁寧に聞いてくださいました。「こんな居心地のよい医院は初めてや」と大感激でした。

オーリングをつかった治療
治療途中の虫歯も治療して頂き、顎関節の歪みも治して頂きました。なにしろ、オーリングを使っての治療なので、私が感じている痛みを「これは痛いね」とわかって頂けます。これは、とってもうれしいことでした。私の場合、虫歯がたくさんあり、治療途中で放置してあったため、噛み合わせのできる部分は左右一箇所ずつしかありません。左上の親知らずが、歯茎の中で上を向いて生えており、これらのことも、顎関節の歪みの原因になっていました。電磁波秒もあり、右頬に水分(おしぼり)がつくと、静電気が走ったように、激痛が走り、唇がしびれてしまいます。それまでの治療で使われていたアマルガムをはじめ、体にあってない金属を除去し、私の体にあう金合金にすべて入れ替える。抜歯してなくなっているところに義歯を入れる事になりました。

普通に食べるしゃべる幸せ
 2004年6月17日、左に一箇所上下金合金に入れ替えた新しい噛み合わせができました。その日の夕食は、痛みが和らぎ少し食べやすくなりました。でも、次の日の朝、顔を洗ったり、お化粧をするのはとても苦痛でした。職場では、めまいでふらふらしながら、1日を過ごしました。19日は、めまいがとてもひどかったです。きっとこれが好転反応なんだろうと思いました。20日には、めまいも治まりました。21日の朝、顔を洗うといつもの痛みがありません。それまでの痛みがウソのようです。普通に食べられる。しゃべれる。なんて幸せなんだろう。うれしくて、うれしくて、しかたありません。家族も大喜びしてくれました。

以来、新しい歯の入れ替え治療は、順調に進み、11本の歯全部入れ替えることができました。
2005年1月24日、治療が終了しました。藤井先生、奥田先生、佐野さん、長い間ありがとうございました。
藤井先生には本当に感謝!感謝!感謝です!薬を飲まず、手術をせず、「三叉神経痛」を治して頂いてこんなに有り難いことはありません。こんなにすばらしい治療を受けることができることをたくさんの方々に知っていただきたい。このすばらしい「オーリングによる治療法」をぜひとも認可して頂きたいと、切に願います。


小林 喜久枝さん 愛知県春日井市在住 70歳  

「まさか歯の噛み合わせで腹痛が治ったなんて・・・」誰も信じないでしょうね

1月8日、みぞおちから右背中にかけて、鈍器が突き刺さったような激痛が走り救急車で入院しました。診断の結果は肝臓に空気が入って肝機能数値が異常に上がり、大変な状態となり、鼻から管を入れ胃の内容物を吸い出し、点滴をするのみ。10日間の入院で数値も治ったので、退院しましたが退院時医師から「これから繰り返し起きますので、早めに来院して下さい」と云われ、水分を摂った時背中が痛い旨、言いましたら「痛いでしょうね、ゆっくりよく物を咬んで下さい」と言われました。

それを藤井先生に告げましたら「そんな・・・」と云って治療して下さいました。ブラジャーでみぞおちを押さえる事も出来なかったのが、可能となり、背中の痛みもなくなり「神業」に近く思えます。
名古屋駅迄出るのに40分以上かかりますが、それでも苦しみにはかえられません。せっせと神戸迄通うつもりです。これからも宜しくお願いします。有難うございました。


患者様が書いた
全身の噛み合わせ医療の不思議

Copyright(C) 2004 Emi Okuda All Rights Reserved