東京都品川区東五反田で全身と噛み合わせとの関連を考えて治療しています。 「恵美歯科医院」。
歯の詰め物に水銀
アレルギー改善例
電磁波のアンテナ作用?!
電磁波実験法

顎関節症
寝たきり老人が立つ
スポーツ咬合

患者さんの声
治療の流れ
ドクター紹介
リンク
ご意見・お問合せ
アクセスマップ

このサイトは「歯」が原因と知らずに病院を転々としたが回復が診られずに苦しんでいる方、原因を追求したい医師の方に広く知ってもらう為に作成しています。

営業目的ではありませんので医院の紹介はありません。


藤井院長の英語版ページ

日本全国「噛合せと全身の関係を考える会」


患者様が書いた
全身の噛み合わせ医療の不思議

 

 

 

 
【歯科と全身との関連】

現代の医学は西洋医学が主流で、めざましい進歩発展をとげているが、反面、難治性皮膚炎、腰痛、片頭痛、慢性疲労性症候群、肩こり、など、慢性疾患の患者さんは年々増加している。
原因と症状が一致すると細分化された西洋医学は強みを発揮するが、原因と症状が離れてしまうと、東洋医学、ホリスティックな見地が必要となってくるのも事実である。大学では、歯学部と医学部が分かれているために、口の中が原因で起こった全身への影響は当り前のように、わかっていない。そのはざ間で苦しんでいる人々は「原因不明」「治療方法がない」と宣告され、なすすべもなくこの歯科医を全国から尋ねてくる重症患者は後をたたない。そして約8割の改善率にのぼる事実が現実に存在している。  



↑TVの特番で放送された「歯科医からの警告・・・交合治療のすべて」30分


■アトピー性皮膚炎
口の中の金属を変えることで完治した方。ずっとアトピーだと診断されてきていましたが、実は金属アレルギーだった事がわかった。

他掌蹠膿疱症など
>>アレルギーのページへ

■寝たきり高齢者の日常生活動作能力に対する歯科治療の影響
何年もの間、寝たきりで、立つこともしゃべることもできない・・、現実、家族すらあきらめる事も多い。それが現代医学の「常識」である。が、入れ歯の調整で歩くことも会話することも出来るようになった。ビデオ
>>詳細へ

■掌蹠膿疱症
手の皮膚症状がひどく、仕事もできなくなっていましたが数ヶ月ですっかり改善しました。
>>詳細へ

■側弯症を伴うアトピー性皮膚炎
アトピーがひどく、皮膚科に通いステロイド治療をしていました。全身の写真を撮ると、姿勢がものすごく悪いことがわかります。
>>詳細へ

【携帯電話の電磁波で人が倒れる事実】
慢性疲労性症候群患者の95%は電磁波過敏症
「ストレスが原因」と診断された方、本当は電磁波にやられていませんか?電車の中でめまいや倒れることがありませんか?「パニック症候群慢性疲労性症候群」と診断され薬を受けるが一向に改善がみられない方が多くおられます。そんな方に携帯電話を近づけると、ふらついたり、倒れたりしています。ストレスが原因ではなく電磁波が原因と考えられ、これも歯の金属の交換で改善をみせています。>>詳細へ

Copyright(C) 2004 Emi Okuda All Rights Reserved